泡だからムラなく染まる

市販品のヘアカラーも「泡」を使って染めるタイプが増えています。どうして泡で染めるタイプが増えているのかというと、

・ムラになりにくい
・使い方が簡単

という理由があります。クリームタイプだと、どうしても塗れていない部分が出てきてしまいます。

さらに襟足や耳の周りなど皮膚につかないようにしようとしてしまい、塗り残しが出てくることもあるんですよね。中には2種類のクリームを適量混ぜ合わせて使うものもあるので、意外と手間がかかるんです。

白髪染めシャンプーはこの2つの問題点をしっかりとクリアしています。シャンプーということは泡が立つのですが、その泡で白髪を染めていきます。

髪の毛全体をキレイに洗う感覚で染めますので、ムラになることもありません。そしてなんといっても手軽なんですよね。白髪染めをしている感覚もなく、毎日シャンプーをしているだけで染めていくことができますよ。

白髪染めシャンプーの弱点を克服する方法とは?

弱点を克服するには? 白髪染めシャンプーを使う時ですが、同じメーカーのトリートメント(もしくはリンス)を併用すると、染まりが早くなります。シャンプーだけでも染めることはできるのですが、トリートメントも使うことで、よりキレイに早く染めることができるのです。

シャンプーとトリートメントを比べてみると、トリートメント方が若干ですが染まるのが早いんですよね。両方発売しているメーカーはそれほど多くはありませんが、その分絞り込みやすいです。毎回白髪染めトリートメントを使う必要はありません。最初の1,2回と後は数週間に一度だけトリートメントを併用するという使い方をします。

白髪染めシャンプーは、最初に色が定着するまでに時間がかかりますので、トリートメントを使って白髪を染めつつ、徐々にシャンプーで色を安定させるのです。こうすることで白髪染めシャンプーの弱点を克服するというわけです。