若い頃の髪の毛が黒いのは?

白髪が生えてくるのは年を取ってからですが、若い頃は多くの人が黒い髪の毛であり、急に白髪が増えてくるということはなく、少しずつ白髪の割合が増えてくるというのが一般的になっています。

髪の毛が若い頃に黒くなっているのはメラニン色素による働きが理由としては大きくなっていますが、これが日本人の髪の毛にはたくさん含まれているので髪の毛は黒いと言う特徴があります。

vbimed.jpg

海外の人だと黒色ではなくゴールドや灰色の人が多いのですが、これについてはメラニン色素が日本人に比べると相対的に少なくなっていることが理由になっており、髪の毛の中に含まれるメラニンによって髪のカラーは異なります。

最近は白髪対策用のアイテムも多く販売されるようになっており、特に白髪染めについては使用することによって白髪を染めて黒色や他の色にすることができるのでスムーズに対策をすることができます。

ちなみに若い世代であっても白髪が多く生えているようなケースもありますが、これについてはメラニン色素が元から少ないということも考えられるものの、それよりも生活習慣の乱れなどによってメラニンが正常に作られなくなることが理由になっています。

白髪はミネラル成分が不足することに寄っても起こることもあり、他にも生活習慣が乱れて起こることもあれば遺伝、ストレスなどが深くかかわっているようなこともあります。

さまざまな要因が複合して頭髪の状態に現れるということも意識して対策を検討しましょう。